宮古島冬まつり2019

#宮古島をアップデートせよ

宮古島でこれまで味わったことのない体験や刺激を受けられる、
そんな2月のイベントを創りました。

2005年4月沖縄で結成の4人組バンド。沖縄音階にロック、レゲエをチャンプルーしたサウンドと、かざらない言葉でメッセージを発信し、世代を超え人気をよんでいる。

2006年2月ミニアルバム『恋人よ』でデビュー。2006年7月にリリースの母への感謝の気持ちをストレートに唄った「アンマー」が多くの共感を呼び、日本有線大賞新人賞を受賞。2016年2月22日にデビュー10周年を迎え、10周年記念ベストアルバム『とぅしびぃ、かりゆし』をリリース。2017年10月18日最新アルバム「変わり良し、代わりなし」をリリース。

沖縄で生まれ育った彼らならではの『島唄』を全国に向け唄い続けている。

YAASUU
宮古島出身、宮古島大使のアーティスト。
JTA機内オーディオ、QAB琉球朝日放送のお天気番組など多数タイアップ。沖縄県では「YAASUUのMUSIC Time」というタイトルでラジオ番組を2つもつ。2018年、オリオンビアフェストin台北で海外進出をはたす。
『心は地元宮古島にある』をテーマに東京を拠点に全国で活動中
プアエナ宮古
2015年に世界最多の人数で同時にフラを踊り、ギネス世界記録更新を目指す「ラージストフラダンス」にて1509人のギネス記録達成。結成以来島内のイベントでは大人気の団体。
平良中吹奏楽部
本校吹奏楽部は現在現在55名で活動中。
県や地区の多数のコンクール、地域の様々なイベントの参加を通して、豊かな情操や目標達成に向けてアクションを起こせる人間を目指して、日々練習に取り組んでいる。
<実績>
平成30年度沖縄県吹奏楽コンクール(7月)で金賞を受賞。
平成30年度第43回沖縄県アンサンブルコンテスト(12月)フルート5重奏金賞とサクソフォン5重奏金賞を受賞。
Coming Soon.
伊藤 和真(いとう かずま)氏
株式会社PoliPoli CEO & CMO
慶應義塾大学2年生の20歳。F Ventures東京アソシエイト、iOSエンジニア。東洋経済の「すごいベンチャー100」に選ばれる。元政治家事務所広報責任者。 大学1年生の時に俳句投稿アプリ「俳句てふてふ」をつくり、慶應義塾大学の現役学生らを中心に政治ベンチャーPoliPoliを立ち上げ、政治家と市民を近づける政治プラットフォームアプリ「ポリポリ」を開発、政治や行政の世界にイノベーションを起こす。
内藤賢司(ないとう けんじ)氏
教育とITの架け橋を生業とする。ウェブサービスの企画立案、大規模プロジェクト統括から実装までこなすオールラウンダー。大規模システム開発を行う一方、子どもが生まれてから、人と社会の重要性に目覚め、週末は地域のお父さんお母さんと社会活動をしている。が、パワフルなお母さんたちから、もう少し働けと怒られている。若い人材の可能性が、環境の影響で摘まれてしまう世界を解決する為にゼロ高の責任者へ。サッカーとお寺が好き。著書に『Webエンジニアの教科書』がある。

twitter ID: @kenjiskywalker

※写真はイメージです
スリル満点VR体験
VRとは「virtual reality(バーチャル=リアリティ)」の略。まるでその世界に迷い込んだかのように、疑似体験ができちゃう。どんな世界が体験できるかは、祭り当日のお楽しみ!
※写真はイメージです
ドローン操縦体験
ラジコンのように飛行させ、空中から写真や動画を撮影できるドローン。操縦のコツを、プロに教わりながらチャレンジしてみよう!
ボディージュエリー
お肌に安心安全な専用グルーで描き、キラキラ輝くパウダーで仕上げるボディーアート。 可愛いデザインを用意してます♪
その他、多数の体験があります!

冬祭りを最大限楽しみたい、そこのあなた!
祭り当日は、マリンコインというスマホの中に貯められるポイントを使います。スマートフォンアプリ「FiFiC」を今すぐダウンロードして、マリンコインをGETしよう!

STEP1.FiFiCをダウンロードしよう

FiFiCはマリンコインを貯めたり使ったりするためには必須のアプリ。
事前にダウンロードしておこう!
お祭りをよりお得に楽しめます

STEP2.マリンコインを貯めよう

会場内のアクティビティに挑戦して、マリンコインをGETしよう!

STEP3.マリンコインを使おう

☆飲食店を利用したり、商品を購入するときに割引が受けられる!(※一部店舗を除く)
☆マリンコインがあれば、会場内のアクティビティが体験できる!

※現在はβ版をリリース。iOS版のみ、Android版は1月下旬にリリース予定。
リリース元: 株式会社Opening Line(https://www.opening-line.co.jp/)

JTAドーム宮古島

沖縄県宮古島市平良字下里2511-35
宮古島空港より徒歩5分
Google Mapsで開く

2018年夏、ここからすべてが始まった。
世代、性別、職業を超えて集まった宮古島に住む方々に、「これからの宮古島に必要なことって何だろう?」と投げかけた。

・移住者も増えて常に形が変わってきているのでもっと話し合いが必要だ。
・楽しいイベントが増えて色々な人々と交流したい。
・もっと色々なサービスが増えて欲しい。

日々変化を遂げている宮古島に抱く、希望と不安が飛び交った日。
こんなにも“宮古島愛”に溢れ、課題意識が高い人々がいることを知った日。
「課題意識だけで終わらせないようにしよう!」と決意した日。

その課題を解決すべく、「人々のココロをカタチにしていこう。」というコンセプトのもと、宮古島を愛する有志によってMya-hk LAB.(ミャークラボ)を発足。
宮古島をアップデートすべく、爆速で活動を開始したのである。

まず、私たちMya-hk LAB.が注目したのは宮古島の"冬"である。
なぜなら2月は宮古島を代表するイベントがまだ存在しないからだ。

「宮古島に住んでいる人が楽しめるイベントが必要だ!」
という熱い想いが芽生え、私たちMya-hk LAB.として最初となる挑戦をすることが決定。
寒い2月(といっても平均気温は15℃前後)を迎える宮古島に、刺激的な熱い風を巻き起こします。
そして、毎年恒例のお祭りにしてみませます。

Email myahk.lab@gmail.com
Facebook https://www.facebook.com/Mya-hk-LAB-250086705856775/

有限会社 シグマ技研

後援

宮古島市 | 宮古島市教育委員会 | 宮古島商工会議所 | 宮古島観光協会